sacca株式会社は連続ドラマ・映画・アニメで定評をいただいている脚本家・演出家・監督をマネージメントしております。

開 真理

開 真理 (ひらき まり)

埼玉県出身
文化服装学院ファッション情報科卒

アイウェア企業本部に10年間勤務、橋田賞受賞を機に脚本家へ。

会社員生活の中で、結婚・妊娠・育休・復職を経験。そんな自身の経験から、働く女性・子育て中の女性など、現代を生きる女性のリアルな姿を描くことが得意。
橋田賞受賞作『夏の通り雨』では「子を亡くした母」と「無戸籍の子」の交流を描き、繊細な心理描写と台詞が高く評価された。
人が必ず持ち合わせる「多面性」を、ときにシリアスに、ときにコミカルに描くことを意識し、「きれいごと」だけではないドラマ作りを目指している。

【受賞歴】

2017年   第25回橋田賞 新人脚本賞入選 『夏の通り雨』

【TV】

2022年   テレビ東京1月クール連ドラ『シジュウカラ』 脚本 毎金曜24:12~ (出演:山口紗弥加)

2018年   TBS連ドラ『下町ロケット』 脚本協力

【その他】

2019年   コニカミノルタプラネタリウム“天空”『君に届けたい流れ星 songs by 東方神起』ナレーション脚本